touring 2014・10



「秋の信州」 番外編


〜宿での過ごし方〜
  


 日没前には付くべし。
 
 

 さっさと荷を解くべし。
 
 

道具にも労いの心を。
 
 

仲居さんは、心持ち持ち上げておくが吉。
 
 

掛け軸の裏側なんぞ確認せんで宜しい。
 
 

なにはともあれ、まずはいっぱい。
 
 

そうして愛でるものは素直に愛でるが善かろう。
 
 

 あとはもう、好きなように浸かるべし。
 
 

 夕餉。
可能な限りに地元の食材が並ぶことが好ましい
...が、ともあれ。
 
食うべし!
 
 

  食後の腹熟し≒宿の散策は忍びの如く。。
 
 

-----------------------------------------------------------------------------------
 
 

  旅の朝は日の出と伴に起床すべし。
 
 

 登り来る陽。沈み往く月。
新たな発見もあろう

 
 

 例えば、ほれ。朝が早いのは鳥だけではなかろう?
 
 

 朝飯はしっかり摂るべし。
 
 

 一期一会。
一宿一飯の恩義。
忘るるなかれ。
 
 

 土産は有難く頂戴すべし。
 
  


 終